1. TOP
  2. 体験談
  3. 人妻好きをこじらせた俺

アダルトの出版社

カテゴリ一覧

お知らせ

当サイトはアダルト情報を多く含んでおりますので18歳未満の方は閲覧できません。こちらから退出して下さい。

人妻好きをこじらせた俺

大の人妻好き。人の女って響きが俺の心をグッと引き寄せる。夫がいる人妻に他人棒を打ち込んで犯したい妄想が駆け巡って仕方がない。だが妻はいるがこんな性癖を話せるわけにはいかない。家ではいい夫を演じてるが1歩外を出れば興奮が抑えきれない。そんな俺が性癖をこじらせた話を聞いて欲しい。仕事終わりに電車で帰っていたらある女性が目に入った。買い物した後だろうか、袋を持って誰かにLINEしている。キレイな人だな~って思ってちょっと近づき後ろから画面を覗くと「パパ」って書いてた。(旦那いるんだ。人妻だ…)その瞬間股間がアツくなった。その女性が電車を降りた。何も考えず体が勝手に女性を追いかけてる自分がいた。いつもの卑猥な妄想を膨らませその女性にタッチしようとした瞬間、私の携帯が鳴った。フッと我に返り携帯に出ると妻からだった。「今どこ~?今日はカレーだよ~」なんてウキウキで話している妻の声を聞き自分の行動を恥じた。あやうく犯罪者になるところだった。妻がいなければきっと今頃刑務所だ。人妻好きをこじらせすぎて今の自分が怖い。